お浸しのレシピは様々でしょう。ですが、基礎に忠実なレシピも再確認してください。味醂に加えて出し汁、更にしょう油を混ぜた香味料って和えて頂く位置づけが希望の夕ごはんの手法となります。ただ、醤油に附けるのみで司るひたしものを・・・