散策減量法によって拠り所となるのは、最適な独創で歩行する場合と言われます。視線は幾らか先を見据える類勉め、顎は引いておきます。両手は凄い動かします。しかしながら、この時気をつけたいのは両肩へ力をいれ過ぎないように。リラッ・・・