切りチャートや粘土でものを仕立てるのが好きです。切りチャートを始めたのは、高校になったタームです。ふと始めた切りチャートが、入り用にやるほど続けることになるとは思っていませんでした。切りチャート歴は独りでに20歳辺りです。レシピは、簡単に言えば「紙でつくるステンドグラス」です。黒画用紙に原案のチャートを描きます。その様式だけを残して、あとはカッターナイフで切り落とします。次にレンジにて色彩画用紙をあべこべから貼ります。高校の位、プログラミング中に原案を通じて人脈に「見て見てー」と言って、単なるカードを作ってお郷里カードを作ったりしていました。部門のノードのHOMEを切り抜いて、後ろから色彩画用紙を貼り付けて、オリジナル思い出!なんて作っていました。それを見た、他の品種の教官が「わたくしにも作って」と言ってくださって、有難くて張り切って徹夜で作ったことを思い出します。渡して喜んでもらえたときは、初めて嬉しかったです。あんな毎日が続き、近年に至ります。今は粘土で、ピアスやビビッバッジ、ストラップなども作ってある。オーブン粘土にていますので、虫などの性格を粘土で形づくり、オーブンで焼いて硬化します。ニスなどを塗ってきらきらとして勝利。わたくしは、切りチャートも粘土もオリジナルの虫たちを件として作ります。なので、まぶたを作ったり口を作ったり、その瞬間に虫たちというまぶたがあって嬉しくなります。この子は何色彩が似合うかな?って虫という仲良くなれる気がします。自分で作ったその方たちが大好きです。彼が粘土であっても紙であっても。ですから、これからも可愛い方々を創っていけたら、そして自分だけじゃなくてよろこんで買い入れる人たちがいるともっとありがたいな、と思います。